結霜硝子氷桶

【詳細画像 (Detailed image)】

硝子の氷桶(アイスペール)です。
大正から昭和初期頃の物と思います。

古い時代の主に家具のガラスに使われている技法で、膠(にかわ)を使った物と思います。
膠硝子については詳しい説明がされているサイトがありましたので参考までに。
【結霜ガラスについて】
【膠硝子の製法について】

光にかざした時に浮かび上がる霜のような模様が幻想的。
以前蓋物をご紹介しておりますが現代ではほとんど使われない技法でもあり、アイスペールに使われている物は数も少ないです。

個人の主観にはなりますが家具に使われているとレトロ感が懐かしいなと思う反面、こちらはモダンに写ります。
暑い季節の涼も感じられアイスペールとしてはもちろん、花器としても是非使って頂きたいと思いご紹介致しました。


※特筆すべき疵や欠けなどなく良いコンディションです。
古い時代の物ですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約12.3cm
高さ:約13.5cm(持ち手含まず)
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


古伊万里 暈し猪口

11,000円(税込)


鉄製花瓶

22,000円(税込)


砂張台付盆

33,000円(税込)


刳貫長方盆

15,400円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top