青備前焼猪口【本漆繕い】

【詳細画像 (Detailed image)】

青備前焼の猪口です。
江戸後期から幕末頃の物と思います。

青備前の猪口など見たことがありませんでしたがかっこよすぎです…
まるで曇天のようなブルーグレー。
シンプルな造形ながらも薄造りで上手の作品です。

刷毛でさらりと口縁部のみに施釉されているのも非常に手慣れており、古い釉薬独特の虹彩(鈍い光沢)が見られます。
残念なニュウが2ヶ所ありましたが、ニュウ留めのみの直しも最小限。
ミニマルな仕上がりにとても満足の仕上がりです。

今後手元に来るのかわかりませんので正直私物にしたい所なのですが、業者になった以上そうはいきません。
同じく気に入ってくださる方にお譲り出来ればなとご紹介致しました。


※ニュウがあった箇所に本漆を用いて繕っております。
今回、線が目立たぬよう漆を染み込ませるのみで仕上げております。
水漏れは無く通常使用については問題ございません。
古い時代の物ですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約7.2cm
高さ:約6.0cm
底部径:約4.1cm

修繕:金継師 酒井 健一 【instagram プロフィール】
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


太白焼中鉢

7,700円(税込)


古銅匙

16,500円(税込)


煎茶盆

16,500円(税込)


刳貫長方盆

17,600円(税込)


Group

許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top