重ね丸文覗き猪口

【詳細画像 (Detailed image)】

覗き猪口です。
江戸後期頃の物と思います。

重なったふたつの丸と連続するつぶつぶ模様。
何文と言うのでしょうか。
先人が名付けた名称が割と好きなのですが、とりあえず簡単に重ね丸文としました。(わかり次第変更します)
ともあれ、とても可愛らしくて気に入りました。

磁器ですが焼成が不十分なために全体的に入った貫入。
通称甘手と呼ばれる物ですが、使って育ちそうな質感が個人的に好みです。

元はお酒用では無いという説が強いのですが、そんな事は現代では関係無く酒器にばっちりのサイズ感。
珍しい柄でもあるのですが今回5客バラ売り致します。


※在庫5点ありそれぞれ若干の違いがございます。
多少のフリモノ、貫入に薄シミがある物がございますがご使用には全く問題なく特筆すべき疵などなく良いコンディションです。
在庫に限りがございますので2点以上ご選択の場合でもこちらで選ばせて頂くこと予めご了承ください。
古い時代の物ですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約5.1〜5.2cm
高さ:約5.2〜5.4cm

1点の価格です
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


六角古材

11,000円(税込)


染付花文茶器

44,000円(税込)


刳貫茶入

12,100円(税込)


乳白硝子擬卵

8,800円(税込)


ハート型飾り石

0円(税込)
SOLD OUT


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top