萩焼盃【錫繕い】

【追加写真】

萩焼の盃です。
明治から昭和初期頃の物と思います。

以前ご紹介した物に疵があったのを錫で繕ったお品です。
【以前の作品】

元は茶器と思われ使い込まれた表情。
長くしまってあった物を古色を残したまま手入れしました。
細かな貫入と渋い色味のグラデーション。
高台造りも丁寧で美しい造形です。

飽きの来ないシンプルな物ですので長くご愛用頂きたい一品です。

【過去扱ってきた萩焼一覧】


※在庫3点ありそれぞれ縁欠けを本漆・本錫を用いて繕っております。
通常使用については問題ございません。
使い込む事でさらに鈍い銀色に育ちます。
強く擦ると錫が剥げてしまいますので、メラミンスポンジやたわしなどのご使用はお控えください。
古い時代の物ですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約7.6cm
高さ:約3.5cm

修繕:金継師 酒井 健一 【instagram プロフィール】

1点の価格です。
簡単にA,B,Cと致しましたのでBlog画像を参照に下記よりご選択ください。
販売価格 4,400円(税込)
在庫数 残り2点

A【sold】BC
4,400円(税込)
在庫なし

おすすめ商品


編籠

16,500円(税込)


結霜硝子氷桶

13,200円(税込)


錫製向付/碗

0円(税込)
SOLD OUT


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top