漆黒釉中鉢【本漆繕い】

【追加写真】

漆黒釉の中鉢です。
幕末から明治頃の美濃産と思います。

【過去の漆黒釉作品】
【美濃漆黒釉皿】

鉄釉を意図的に漆黒に発色させたものをそう呼ぶそうです。
こちらは鳥足状に疵があった物を本漆で繕いました。
触っても出来るだけ凹凸が無いように研磨してあり、継ぎ師と僕とで納得のいく良い仕上がりです。
物の表情を見て金属を入れるのですがこちらは漆のままに留め、本来の漆黒釉とうまく馴染んだと思います。

釉薬のムラがあり民藝的な表情も魅力的。
中鉢サイズで使いやすく、寒くなってくるこれからの季節にお使い頂きたい一品です。


※口縁部に1箇所、元からの繕いがあります。(Blog画像参照)
鳥足状の疵を本錫を用いて繕っております。
通常使用については問題ございません。
強く擦ると漆が剥げてしまいますので、メラミンスポンジやたわしなどのご使用はお控えください。
古い時代の物ですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約15.4cm
高さ:約5.7cm

修繕:金継師 酒井 健一 【instagram プロフィール】
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


古伊万里 暈し猪口

11,000円(税込)


鉄製花瓶

22,000円(税込)


砂張台付盆

33,000円(税込)


刳貫長方盆

15,400円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top