錫製角徳利

【追加写真】

錫製の角徳利です。
幕末から明治頃の物と思います。

お花見などに持ち出すお弁当箱セットの一部で、以前も同手の物を扱いましたがこちらは一回り大きなサイズ感です。【過去投稿】

セットに収めるための合理的に造られた角形が、現代にも通ずる”プロダクトデザイン”のようでとにかくかっこいい。
錫製品は古くから酒器として使われており、お酒を入れると雑味が抜け味と口当たりがまろやかになると言われています。
前回の物にはなかったオリジナルの小さな猪口が蓋部分に2客収められており、内部の状態もよく酒器として問題なくお使い頂ける状態と思います。
錫の質感はまだ若く、使い込めばさらに深く育ちそう。

もちろん花器などに転用するのもお洒落な使い方だと思います。


※特筆すべき疵など無く時代を考えても良いコンディションです。
しっかりした造りですが、錫純度が高く柔らかいため強い力を加えると凹みます。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約13.5×7.4cm
開口部:約3.8cm
高さ:約10.6cm(蓋含む)
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


結霜硝子蓋物【錫繕い】

0円(税込)
SOLD OUT


κ疹得廷愍急須

11,000円(税込)


κ疹得廷慇茶碗

3,300円(税込)


刳貫瓢箪盆

19,800円(税込)


黄釉煎茶碗

2,200円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top