萬古焼横手急須

【追加写真】

萬古焼の急須です。
この表情は萬古焼に見たことがなく初見ですが、作家の作品もしくは注文品だった物でしょうか。
資料などが無く定かではありませんが鉛入りの古手の釉調で幕末から明治頃の物と思います。

強度を高めるためと美しい発色させるために鉛が使われたとの説があり、古手の硝子や陶磁器などには良く見られますが、現代では使用が認められておらずこの表情は新たには造られない貴重な物。
薄造りで上品さもあり職人技術の高さも見ることができます。

妖艶な輝きを放つ唯一無二の表情と、現代でも遜色のないモダンな造りに脱帽しました。


※未使用であったのか特筆すべき疵などなく良いコンディションです。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
高さ:約6.1cm(つまみ含む)
幅:約7.6cm
開口部:約4.5cm
容量:約115ml(なみなみいっぱいまで)
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


古伊万里 暈し猪口

11,000円(税込)


鉄製花瓶

22,000円(税込)


砂張台付盆

33,000円(税込)


刳貫長方盆

15,400円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top