小花散らし中鉢
(真鍮金繕い)

白磁の中鉢です。
蛇の目高台造りで江戸後期から幕末頃の伊万里でしょうか。

なかなか見ない小花散らし模様が洒落たデザイン。
一つ一つ筆で描かれており繊細で可愛らしいですね。

恐らく製造時に出来てしまったであろう見込みの亀裂を、継ぎ師の手により蘇らせました。
今回は真鍮金を使い細い線で仕上げ渋みのある直しになったかと思います。


※全体的に甘手の造りで貫入がございます。
焼きはしっかりしており柔らかい感じは無く、ご使用には問題なさそうです。

真鍮は口に入れても害の無い金属ですので食器としてご使用頂けます。
洗う際に継ぎ直し部分は強く擦らないでください。
古い物ですので神経質な方はご購入をお控えください。


Blogで追加写真を掲載しております。
【Blogへ】


size
直径:約16.0cm
高さ:約7.2cm
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


御深井釉角水滴

9,900円(税込)


木製擂鉢

16,500円(税込)


乳白硝子擬卵

0円(税込)
SOLD OUT


木彫兎

0円(税込)
SOLD OUT


志野焼鈴型向付

16,500円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top